千鳥(ちどり)

「千鳥」と聞くと、普通、柄や漫才師を思い浮かべますよね。

私たち下着の縫製に携わっている者には、ミシンの縫い方となります。

千鳥縫いミシンという専門のミシンがあり、ジグザグ縫いといえば分かりやすいかも知れません。

この千鳥縫いは、下着の縫製にはなくてならないミシンで、生地やストレッチゴムのストレッチ性に対応出来る唯一の縫い目なのです。

千鳥の中でも2点千鳥、4点千鳥を商品の機能やデザインより使い分けますが、どちらも縫い目の微調整が重要で、生地の厚さや硬さ等により上糸と下糸の強弱とミシンの回転の微妙なタイミングを繊細に合わせる必要があります。

そのすべてがマッチすると素材のストレッチ性に対応出来る最高の縫い目「千鳥」となります。

現場では、一針一針その最高の縫い目での縫製を目指し、指先や手を常にきれいに保ち、空気の流れや温度、湿度などの微妙な変化に気を配りながら日々ものづくりに励んでいます。

素材に合わせられる技術ノウハウと匠の技を活かし、人に寄り添える商品をご提案をしていきます。

ひとを美しく 社会を明るく 栃木県栃木市の女性下着デザイン縫製メーカー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください