補正下着の全盛期、ボディスーツやガードルなどの高価なセットの中にひっそり裏方でありながら着心地が良いと好評のショーツがありました。

当時、メインのガードルとともにショーツの開発を大至急で委託された当時の社長(現会長)は、伸ばしてはくショーツではなく、肌触りの良い高級素材をたっぷりと使い、深い穿き丈でしっかりをお尻を包み込む安心のショーツを徹夜で企画してお得意先に納品しました。

 

そのショーツは出来上がったらすぐにお得意様に発送する忙しい日々が続き、別のお得意様からはそのショーツの基本パターンを転用しデザインを変えて生産してほしいとの依頼も次々と入りました。

それから30年以上、補正下着の販売方法に問題があったり、分裂を繰り返したりして補正下着メーカーもどんどん淘汰されていきました。

全盛期には多くの注をいただき当社の検品で省かれ納品できないB級品も残っていたため、着用に問題のないものは社員旅行や忘年会の景品としていました。

それが女性社員の間で好評になり、新たに資材をそろえては少しずつ生産をして社員にだけ原価で分けていました。

国内生産のこのショーツ、全盛期に毎日毎日朝から晩まで生産していた当時からのベテランの縫製職人さんが今でも作っているので全工程が体に染み込み、出来上がりの美しさは歪みの全くない完璧な左右対称のシンメトリーな仕上がりで、サイズごとに重ねるとまるでトランプのようにきっちりと積み上がる職人ならではの逸品でした。

今回、このショーツにスポットを当ててくれたのは、その当時からずっと当社の製品を見て触れているベテランの社員さんの「私は会長が作ったショーツの大ファン」の一言でした。

そこから、みんなで一度はいていてみようという事になり、社員を含め男である社長までもはいてみたところ、その抜群のはき心地に感動し多くの皆様にも安心してご着用いただけて笑顔にできる商品と確信し一般販売を開始する事にいたしました。

今まで50年間変わらぬ形、そしてさらに50年。

100年愛され続けるスタンダードにしていくために「百年ショーツ」と名付けました。

 

 

百年ショーツを社員がみんなで 穿いてみた感想

〇国内縫製なので丈夫でしっかり長持ちする。

〇高級ベア天竺をたっぷり使用しているので薄くて動きやすく蒸れない。

〇長年微調整を積み重ねたパターンはカラダにジャストフィット。

〇深いはき丈で安定感がとても高まる。

〇ちょっと入っているテンションでお尻から足口テープがずり上がらない。

〇鼠径部の「への字」ラインがリンパの流れを阻害しない感じ。

〇幅が広くソフトなレースがウエストラインに段差がつかず全然チクチクしない。

〇シルエットがきれいに見えてモチベーションが上がる感じ。

〇長年、下着製造に携わていますが、このショーツの大ファン。
 
 
この最高の肌触り、自然な着け心地の百年ショーツ、日常生活のパートナーにして下さい。

パープル

モカ

ピンク

ライラック

シックなブラック、清潔なオフホワイトなどカラーバリエーションも新たに製造中です。
 
(日本製)
単品1着定価    990円(税込)
3着セット  2,640円(税込)1着換算880円(税込)☆お得です
 
2021年9月23日よりオープンの小林縫製直売店(本社隣接)でご購入いただけます。