エチケットマスターの輪を拡げましょう

NPO 法人 このゆび☆とまれ

2020東京オリンピックの1年延期が決定し、満開の桜で心躍らせる週末に東京都の外出自粛要請、それに伴い関東、そしてこの栃木県も東京への移動自粛が要請されました。

メディアは連日、首都封鎖が現実味を帯びたと騒ぎ、もう片方では新型コロナウィルスの致死率は低いなど、多様な情報が入り過ぎて、個人に判断を任せると言われても怖くて身動きも出来ない状態です。

そんな中、当社のスタッフたちが協力して作り上げたピーチテックオフィスが、この一カ月で皆様のお役に立っているというお声やお話をいただきとても嬉しく励みに思っております。

しかし、私たちが望んでいるものは、1日も早く普通の生活を取り戻す事です。
そのために私たちがやらなければならない事は、手洗い・マスクでエチケットを保ち感染をしないさせないように気をつけて感染拡大を防止する事だと思うのです。

株式会社 サカエ工業のスタッフの皆様

その意識を高め継続してもらう事がピーチテックオフィスプロジェクトなのです。

特別養護老人ホーム まろにえ四季の里のスタッフの皆様

そのためにももっとピーチテックオフィスを皆様にお届けしてプロジェクトに参画してほしいのですが、現状は生産背景や人員計画もないまま緊急に立ち上げたプロジェクトのため、本来の業務で従来のお客様にご迷惑が掛からないようにミシンや人員、製造ラインの組み替えしながらの手づくり商品のため、お手元の届くまでお時間をいただくようになってしまい本当に心苦しく思っています。

ただ、製造スタッフは業務をやり繰りして、その他のスタッフは糸始末や包装など出来るところをフォローし合いながら、皆様のお役に立てるよう業務効率を上げる努力をしています。

ピーチテックオフィスも発売からも一カ月でモニターや皆様から戴いたご意見などから少しづつ改良も図っております。

息苦しがや唇の当たりなどを改善し中心が0.2グラム程度の軽量化を図ったところ、花粉の補修効果が98%から95%に落ちてしまいましたがその分長時間着用いただけるようになったと思います。

また、着けて更に美しく見えるよう、センターはぎをシャープに立つような工夫とポイントのピーチテックロゴをやや小さく控えめにしました。

日本の当社と同業の下着メーカー数社が、マスク製造に乗り出したとメディアやテレビで放映されているのを観て知人なども小林縫製はメディアに載せないのですかと連絡をいただきました。

しかし、私の一番の願いは、この事態の一日も早い終息であり、一日も早い普通の日常を取り戻す事です。
そして先にも書きましたが、一人一人が感染拡大を防止しようとする気持ちと行動が必要な時なのです。

エチケットマスター#コロナエチケットアクション
・手洗いをしっかりする
・マスクでエチケットを保つ
・マスクで顔を直接触らない
・大声で話さない
・人混みや密集を避ける

NPO 法人 このゆび☆とまれ スタッフの皆様

新型コロナに負けないように、みんなで頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

お役に立てる