お役に立てる

生地表面から見える綿の毛足がまるで赤ちゃんの産毛や桃の表面のように見える事が名前の由来のピーチテック。

ピーチテックは、もともとオリジナル高級ブランドでオーダーメイド下着のAMIREAL(アミリール)を立ち上げるために、肌に触れる部分は天然素材で染色をしないで色を付ける事の出来る素材として個々に合わせるオリジナリティと製造のクイックレスポンスを高める事を目的に開発した素材です。

その時に本番用として編み立てた生地を少しづつ使用して、AMIREALやおかえり安心快腹帯、そして今回のピーチテックオフィスにも使用しております。

AMIREAL BRA

AMIREAL BRA

とにかく、日本のニッティング技術の粋を集めたような素材でピーチテックを編み立てることの出来るニッターさんは日本での数える程度です。
それは、卓越したニッティング技術と歴史のある希少な編み機が必要だからです。

66860231 – image thread in holders on loom, close-up

自動車でいえば不朽の名車トヨタ2000GTくらい希少価値の高い編み機です。
その頑固で繊細な編み機を長い間丁寧にメンテナンスし続け、ゆっくりニッティングされるからこそ、温かく個性的なピーチテックが編み上がります。

そんな、希少なピーチテックを使ったアイテム開発において、いつも意識している事があります。
それは「ピーチテックをどう人のお役に立てるアイテムにする事が出来るのだろうか!」という事です。

そんなところに新型コロナが発生しました。
深刻化するマスク不足の中、全社一丸となってピーチテックオフィスとういマスクを開発し、お客様から逆に「ありがとう」の言葉をいただいた時、これがピーチテックが人のお役に立てる一歩となったと感じた瞬間でした。

その後も「マスクの生産頑張って!」「洗って使えるからとても安心」「長時間着けても耳が痛くならない」などのご声援と共に、ピーチテックオフィスを着けた写真をSNSやお送りいただいており嬉しい限りです。

このピーチテックを使ったアイテムは、ピーチテックオフィスの他に、以前よりピーチテックボディおかえり安心快腹帯を販売しており、通販生活の今年の夏号に「夏の腹巻き」としてご紹介いただきました。

しかし、ピーチテックオフィスがここまでご好評をいただけると思っておらず、素材であるピーチテックの使用計画を全く考えずに進めたため在庫がなくなりそうな状況になってしまい皆様にご迷惑をおかけしてしまう事態が想定されるようになっていました。

そんな困った状況の中で奇跡のような話が舞い降りて来ました。
ピーチテックオフィスが人々のお役に立っていることをインターネットやSNS等で知ったニッターさんをはじめ製造関係者の皆様が異例の優先編み立てをしてくれるという連絡が入ったのです。
この難しい生地を想定以上の早い納期で、何とかしてくれるというのです。
ものづくりは段取り8分と言われますが、通常以上に手間のかかるピーチテックを編み上げるには必要以上に念入りな前段取りが必要な事は、私たちものづくり業務をしている者としてよく理解できます。

そこをご協力いただけるという事は異例な事で、ピーチテックオフィスを必要としてくれている皆様のお陰であり、全ては人のご縁がこのような奇跡を起こしてくれたのだととても感謝をしております。

この素晴らしい経験は当社全員が共有して持ち、今後の会社運営でも、皆様のお役に立つ気持ちをもって仕事をする事の大切さを学んでおります。

新型コロナに負けないよう、頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください