とちぎ秋まつり2018

二年ぶりにとちぎ秋まつりが盛大に開催された。
 
私はとちねっとの仲間たちと大きな声を上げて蔵の街角ハイボールや赤玉パンチの販売をしていました。
「とちねっと」とは栃木市の資源を使い、栃木市を盛り上げ、楽しくビジネスを学ぶ事を目的として作られ、全て自分たちで決めて、自分たちの責任で事業展開する合資会社です。
通常は栃木市のふるさと納税に寄与して栃木市の地産資源を全国の発信しながら、栃木の税収に寄与したいとの思いで知恵を絞ったお礼品を掲示させていただいております。
 
とちぎ秋まつりは、3日間をも天気の恵まれ、市内外から多くの観光のお客様にお越しいただき、歴史ある勇壮な山車と蔵の街とちぎの素朴で美味しい食べのもや飲み物でご満足いただけたのではないでしょうか。
 
とちねっとの販売ブースでは観光のお客様よりどこの神社のお祭り?と聞かれ、神社の祭りではなく市内の自治会が山車を持っていてそれが繰り出す地域のまつりですと説明することもあり、もっとふるさと栃木の歴史を学ぶ必要もあると思いました。
商工会議所の案内所では、受付場所や大通り以外の催しの情報も聞かれてあたふたする場面もありましたが、こういう対応をこなしていくうちにまつりの概要が見えてきます。
 
そして、山車を眺めて市内を行きかう人々の笑顔。
笑顔と真心のおもてなし!
これに尽きると感慨深く楽しいとちぎ秋まつりを過ごさせていただきました。
 
ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。
次回は、2020年、オリンピックの年の開催となります。
ひとを美しく 社会を明るく 
#栃木市
#女性下着
#レディスアンダーウェア
#デザイン縫製メーカー
#ピーチテック
#小林縫製工業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください