自分の仕事を愛してますか?

以前「キリンビール 高知支店の奇跡」というビジネス書籍を読んだことがありました。

先日銀行の会合で、その著者である元キリンビール副社長の田村潤氏のご講演を拝聴する機会があり、以前のインプットを思い出しもう少し深く掘り下げることが出来ました。

キリンビール高知支店の話ですが、本社の広報が考えた全国統一のキャッチコピーやひどい時には新商品においてまでも高知では受け入れてもらえない事があったようです。
しかしそこを打破したものは、キリンビール高知支店の社員が本気で人と繋がり地域に愛されて高知県でビールのチャンピオンになり、それが全国に広がっていったというキリンビールでのお話です。

その講演で印象に残った言葉が「グローバルはグローカルから」という言葉でした。

人は十人十色、ニーズも十人分あります。
その人々に寄り添えるビールとは?当社でいうとその人々に寄り添える下着とは?という事になります。
キリンビールのような誰でも知っている商品であったにしても、有名だから売れているのではなく、ファン(お客様)がいてファンに向き合い大切にする業務に携わる人が社員なのです。

* 仕事の目的は自社商品をお客様に買っていただき喜んでもらう
* 会社のビジョン(理念・信念・目標)に向け本気になる
* 直ぐに行動、行動しながら修正する
* 弱み補填ではなく徹底して強味を強化する
* 正解が分からなくても先ず前進する
* 出来ないと言わない
* 決してあきらめない

これらの気持ちを持ち、自社商品をファンと同じくらいに愛する人の集団が皆さまから信頼される会社なのです。

私が学んだことは、ローカル企業である(株)小林縫製工業は地元の人ともっと本気で繋がりもっと地元に愛される事が大切だと感じました。

お客様の役立つものづくり、その製品を必要とするお客様の手元にお届けする  事を実直・誠実に実践していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

仕事の真意